前へ
次へ

イギリス留学のメリットとデメリット

イギリスは日本の本州と同じくらいの大きさの島国で、正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」といいます。古い伝統を守りつつも、新しい文化を発信し続けている国で、英語の発祥地でもあります。留学先として人気があり、イギリス留学をしにくる留学生が多いです。その中でも特に人気があるのはロンドンで、ロンドン留学のために学生達が訪れてきます。イギリス留学の魅力は他の英語圏よりも日本人比率が低いことや観光地が多いこと、民族などの多様性です。そんなイギリス留学にはメリットとデメリットがそれぞれあります。イギリス留学のメリットは、エンターテインメントの豊富さや専門留学の選択肢の広さ、大学院が1年で修了になることです。イギリスは娯楽が多く、スポーツ観戦やクリケット、美術館巡りやパブに遊びに行くなど色々な娯楽を楽しめます。イギリス留学すると学習の選択肢が増えます。アートなどの文化活動やビジネススクールなどのジャンルに特化しており、自分が学びたいことを徹底的に学べます。ほとんどの大学院は修士課程の修了まで2年かかりますが、イギリスの大学院は1年で修了となり、修士課程を取得できます。イギリス留学のデメリットは、食事の味の違いや英語力の高さが必要なこと、物価と生活費が高いことです。イギリスの食事はシンプルで味付けが薄く、素材の味を楽しめますが、みんな口に合うわけではなく合わない人もいます。合わない人はファストフードなどを利用するといいでしょう。イギリスの公用語は英語ですが、他の英語圏と違い、しっかりと英語を話せないとこちらの言うことを汲み取ってくれません。そのため、留学前に英語力を身につける必要があります。イギリスは物価が高いだけでなく、家賃などの1ヶ月の生活費も高い傾向にあります。しかし家賃以外の費用に関しては、比較的安いスーパーマーケットで食材調達するなどの工夫をすれば生活費を抑えられます。

Page Top